思春期は早くない方が良い?!

思春期は早くない方が良い?!

 

思春期が早かった人ほど、その後の身長の伸び率が低くなるという話がありますが、本当なのでしょうか。
実はあらゆる研究の成果から、思春期が早かった人ほど、その後劇的に身長が伸びることはないといわれています。

 

つまり思春期が遅く訪れた方が、その後身長を伸ばしやすくなるのです。なぜ、思春期は早くない方が良いのでしょうか。世界的に見ると、日本人の睡眠時間は平均的に短めだといわれています。

 

あくまでも統計ですので、必ずしも当てはまらないこともありますが、これは大人だけではなく、子供も当てはまるといわれているのです。

 

成長ホルモンは、睡眠中に多く分泌されますので、睡眠時間が短くなると十分な量を分泌させることができません。その結果、思春期を早く迎えてしまうのです。

 

また、成長期は性成熟が加速化する時期でもあります。睡眠時間が短いことで、メラトニンの分泌量が少なくなってしまうと、性成熟が早まってしまい、あっという間に成長がストップすることがあるのです。

 

成長期が終わってしまった時点で、ほとんどの場合は骨の成長もストップしてしまいます。だからこそ、成長期は早くないに越したことはないのです。

 

ちなみに、すでに成人を越えてしまっている場合は、成長期はとっくに終わっていますので、劇的な変化を遂げることはできません。ただし、最大で5p程度であれば、自力で身長を伸ばすことも難しい話ではないでしょう。

 

そこでもやはり睡眠時間の確保は重要となりますので、まずは成長ホルモンが分泌されやすい体づくりを始めてみてはいかがでしょうか。

遅くない!成長ホルモン促進が伸ばす秘訣!

注目の身長伸ばすサプリランキングを見てみる!