低身長と姿勢の関係性

低身長と姿勢の関係性

 

姿勢を正すことは、身長を伸ばす上でとても重要なポイントです。なぜなら、何年にも亘って姿勢が乱れていると、その分身長が低くなってしまうことがあるからです。

 

また姿勢が歪んでいると、いずれ背骨が曲がってきたり、骨格そのものが歪み始めます。この状態で、あらゆる長身法を試したところで、結果が伴うわけがありません。

 

たかが姿勢ごときと侮っていると、努力が報われないことに繋がる恐れがあるでしょう。自分では気がつかないものではありますが、一度自分の姿勢が正しいのかどうか、柱などに背を向けた状態でくっついて立ってみてください。

 

このとき、力を抜きながら意識をして胸を開き、肩が内側へ入らないようにしましょう。姿勢が正しい人の場合、かかとから頭まで、無理なくくっつけることができます

 

しかし、腰が悪かったり姿勢が歪んでいると、体を柱にぴったりとくっつけることができません。もしも、柱に体をすべてくっつけることができなかった場合は、ストレッチをしたり、整体へ通うなどして姿勢を矯正することから始めると良いでしょう。

 

姿勢が整っていくにつれて、今まで歪んでいた分だけ身長が伸びる可能性があります。生まれつき低身長である場合は、姿勢以外の要因が関係してきますが、成長期に姿勢が悪い状態でテレビゲームをしていたり、猫背気味だった人は、少々時間をかけて歪んでしまった骨格を正していかなければなりません。

 

このように、姿勢の悪さが要因で低身長となってしまったのであれば、改善の余地は十分にあるといえます。諦めずに姿勢を正すことから始めましょう。

遅くない!成長ホルモン促進が伸ばす秘訣!

注目の身長伸ばすサプリランキングを見てみる!