肥満だと低身長になりやすい?

肥満だと低身長になりやすい?

 

肥満傾向にある人は、低身長になりやすいという噂を耳にすることがあります。肥満と低身長には、何か関連性があるのでしょうか。詳しく解説していくことにしましょう。

 

肥満であるということは、余分なエネルギーが体内に余っている状況だといえますので、身長を伸ばすことに繋がりそうな感じがするものです。

 

しかし、実際には成長ホルモンの分泌量が減少するため、肥満傾向が続くと身長が伸びづらくなるといわれています。全く身長が伸びないわけではありませんが、伸び方が緩やかになってしまうのです。

 

それから、脂肪細胞から分泌されるといわれている、レプチンというホルモンが低身長を招くともいわれています。このレプチンは性ホルモンの一種で、骨が伸びることを抑制することが分かっているのです。

 

また、思春期に肥満傾向にあった人は、平均よりも早く体が早熟してしまい、身長があまり伸びないといわれています。

 

以上のことから、身長を伸ばしたいのであれば、肥満を防ぎつつ脂肪を燃焼させていくことがとっても大切なのです。

 

サプリメントを活用して、糖の吸入を抑制したり、脂肪の燃焼を促すことも大切ですが、骨は刺激されて初めて成長を遂げるといわれています。そのため、食生活だけではなく、適度に体を動かすことが身長を伸ばすことに繋がるといえるでしょう。

 

過度な運動は、体に過剰な負担を掛けることになるため、まずは5分から10分程度歩くことから始め、徐々に歩く距離や時間を増やしていくようにするだけでも、肥満の抑制につながるといえます。

遅くない!成長ホルモン促進が伸ばす秘訣!

注目の身長伸ばすサプリランキングを見てみる!