成長期はいつまで続くのか?

成長期はいつまで続くのか?

 

身長が劇的に伸びるのは成長期です。この成長期は一体いつまで続くものなのでしょうか。遺伝や体質、生活習慣などの要因が関係してきますので、どうしても個人差が表れてしまいますが、大体3年から4年程度で成長期は終わってしまうのが普通です。

 

女性であれば、小学校高学年から中学生くらいまで。男性であれば、中学生から高校生くらいまでとなっています。しかし近年は食生活が欧米化したこともあって、もう少々成長期が早くなってきているようです。

 

尚、成長期が終了してしまうと、身長は必ず止まってしまうのかというと必ずしもそうとはいえません。なぜなら骨と骨をつないでいる骨端線が軟骨から骨となるまでは、身長を伸ばすことができるからです。

 

ある程度体の成長が止まってからも、骨端線がそのまま残ることはあるため、その場合はもう少々身長を伸ばすことができるでしょう。

 

本来であれば、成長期の時に身長を伸ばすことができるよう、積極的に運動をしたり、十分な睡眠時間を確保することなどが大切となるのですが、大人になってからでも数pであれば身長を伸ばすことが可能です。

 

また年齢を重ねた後も、骨端線が残っていた場合、成長ホルモンの分泌量が多くないと、期待するほど身長を伸ばすことはできません。

 

骨端線は、レントゲンですぐに確認することができますので、何かの機会があったときに確認すると良いでしょう。

 

30代から40代になってしまうと、さすがに骨と化していることがほとんどですが、20代前半であればまだ成長のチャンスが残されている可能性が高いといえます。

遅くない!成長ホルモン促進が伸ばす秘訣!

注目の身長伸ばすサプリランキングを見てみる!