成長期のストレスは身長を止める?

成長期のストレスは身長を止める?

 

成長期であるにもかかわらず、全く身長が伸びなくなってしまった場合、ストレスが起因している可能性があるといわれています。

 

なぜ、ストレスがかかると身長が止まってしまうのでしょうか。それは、ストレスは成長ホルモンの分泌を止めてしまうからです。

 

またストレスが過剰に溜まってしまうと、眠りが浅くなったり、食欲不振に陥ったり、情緒不安定となります。その結果、益々成長ホルモンが分泌されにくくなるのです。

 

つまり正しくは、ストレスが身長を止めるわけではなく、ストレスが溜まることによって心身ともに疲弊してしまうことが、成長ホルモンの分泌量に影響を与えるため、身長が止まるということになります。

 

成長期は、受験や恋愛、家庭環境、友人関係などで多くの悩みを抱えやすい時期です。近年、陰湿ないじめによって自ら命を絶ってしまう子供もいるほどですので、子供のストレスだからといって甘く考えてはいけません。

 

もしもストレスを感じて、精神面や体に異常をきたし始めているのであれば、早めに専門家へ相談したり、信頼できる大人へ相談することが先決となります。

 

尚、成長期だけに限らず、成人以降であってもストレスを抱え過ぎると良い結果につながりません。身長が伸びない以前の問題で、うつ病やその他のあらゆる疾患の原因となることもあるのです。

 

人間は環境の動物ですので、劣悪な環境や人間関係の中で生活を続けていると感覚がマヒしていきます。

 

すると、次第に自分のストレスをストレスだと捉えなくなることがあるのです。そうなる前に、ストレスが小さなうちから解消していくようにしましょう。

遅くない!成長ホルモン促進が伸ばす秘訣!

注目の身長伸ばすサプリランキングを見てみる!