身長伸ばすサプリランキング〜成長期が過ぎた方必見〜

身長伸ばすサプリランキング

気が付けば成長期を過ぎ、思っていたほど身長が伸びていないという人は少なくありません。身長が低いことは、スポーツにおいて不利なことが多いといわれます。それ以外にも、服のコーディネイトを楽しむ上で、身長が低くてバランスが悪いという悩みも。

 

そんな、成長期を過ぎた方におすすめしたいのが身長を伸ばすサプリメント。身長と深い関係のある、成長ホルモンの分泌を促すアミノ酸が配合されています。日常生活で不足しがちな成分を補いつつ、質の良い睡眠と適度な運動が、身長を伸ばすカギ。あと5cm伸ばしたいという方必見です。

 

プラステンアップの特徴

プラステンアップは、伸びたい中高生が選んだ人気の成長期サポートサプリメントになります。成長期が終わりかけの10代後半からでも伸びるを実現するために、成長ホルモン促進するαGPCを限界配合、さらに、アミノ酸やビタミン・ミネラルなどを含みます。また、プラステンアップは、中高生の体に合わせた圧倒的な配合量となっています。プラステンアップは、中高生はもちろん、10代後半の方におすすめの身長サプリです。

価格 1980円
評価 評価5
備考 αGPC・アミノ酸・ミネラル・ビタミン

 

カラダアルファの特徴

カラダアルファは、成長期後に伸びたい方にもおすすめな成長サポート成分が含まれたサプリメントになります。身長アップに必要な骨を作る栄養や成長ホルモンの分泌を促す栄養など幅広く配合しています。豊富な栄養が国産かつ天然由来の素材が使われており、安心して飲むことができます。

価格 6000円
評価 評価4.5
備考 スピルリナ・アクアミネラル・コラーゲンほか

 

アルファGPCスーパーの特徴

アルファGPCスーパーは、成長ホルモンの分泌を助けるGPC配合のサプリです。大豆由来の、α-GPCを配合しています。α-GPCは母乳にも含まれる成分、サプリには大豆由来のものが使われています。睡眠不足やストレスなどで、減少しやすい成長ホルモンの分泌を促します。1日1粒、400rのαGPCを含有。飲みやすいスリムなカプセルは、お湯などに溶かして飲んでもOK。

価格 500円
評価 評価4
備考 αGPC

 

成人の身長が伸びない原因は?

 

成人の身長が伸びない原因は、いくつか存在するといわれています。代表的な原因を、以下に取り上げていくことにしましょう。

 

まず1つは成長ホルモンの分泌量不足です。基本的に、成長ホルモンは生涯分泌され続けるホルモンだといわれています。身長を伸ばすだけではなく、体温調整や精神の安定、心機能などを維持するために必要なホルモンでもあるからです。

 

しかし、第二次性徴期を過ぎると、分泌される量は一気に減少します。そのことが原因で、成人になると身長が伸びづらくなるのです。

 

2つ目は栄養不足です。普段からバランスの取れた食生活を送っていれば問題ありませんが、暴飲暴食であったり、添加物が多く含まれている食生活ばかりを繰り返していると、十分な栄養を摂取することができません。その結果、身長が伸びないことに繋がってしまうのです。

 

3つ目は体の歪みです。特に猫背で背中が丸くなっている人は、3p程度から5p程度身長が低くなっている可能性があります。

 

自分では真っ直ぐ立っているつもりでも、毎日の習慣によって体は歪んでいきます。そのため、定期的に姿勢を矯正したり、体の歪みを早い段階で矯正することが大切なのです。

 

成人になってから身長を伸ばすことは、決して難しいことではありません。成長期のような目覚ましい成長は難しいとしても、些細なことがきっかけで、数p程度であれば十分伸ばすことができるのです。

 

身長が伸びない原因は、この他にもいくつかありますが、該当している箇所がないかチェックし、万が一該当しているところがあるなら、正していくようにしましょう。

 

成人したら身長は伸びないの?

 

一般的には、成人すると身長は伸びないと考えられています。なぜなら、身長は遺伝によってある程度決められてしまうと考えている人が大半だからです。

 

確かに遺伝的な要素はありますが、遺伝だけで身長が決まってしまうわけではありませんし、成人以降でも身長を伸ばすことは可能だといわれています。

 

成長期のように、10p単位で目覚ましい成長を遂げるわけではありませんが、諦めずにチャレンジしてみる価値は十分あるでしょう。では、具体的にどのようなことに取り組めば、成人以降も身長を伸ばすことができるのでしょうか。

 

1つは睡眠時間をしっかりと確保することです。睡眠時間中は、成長ホルモンが分泌されやすいといわれています。成長期程分泌されるわけではありませんが、身長を伸ばす為にはある程度の量の成長ホルモンが必要となります。

 

そのため、普段睡眠時間が不足しがちな人は、しっかりと睡眠時間を確保することが、身長を伸ばすことに繋がるといっても過言ではありません。

 

そして、栄養を補給することも忘れてはいけません。特に亜鉛は必須だといって良いでしょう。亜鉛は骨の成長や、成長ホルモンの原料とされているたんぱく質の合成のために役立つ栄養素です。過剰摂取は危険ですが、最低限の量は毎日摂取し続けることが重要となるでしょう。

 

それから、姿勢を正すことも身長を伸ばす上で重要となります。怪我をしたり、不調を感じたときだけ整体へ通うのではなく、普段から定期的に通信するなどして、姿勢を正すようにすることが大切だといえるでしょう。

 

身長を伸ばすのに積極的に摂りたい栄養は?

 

身長を伸ばす為には、いくつかの栄養素を接触的に摂取する必要があります。代表的な栄養素をいくつかご紹介していくことにしましょう。

 

アルギニン

 

アルギニンには、成長ホルモンの分泌を促す作用があるといわれています。これは、医学的にも認められていることですので、根拠はあると考えて良いでしょう。ただし、微量では全く効果がありませんので、一定量を摂取し続ける必要があるでしょう。

 

亜鉛

 

骨の発育に大きな影響を与えている栄養素です。身長が高い人は、体内の亜鉛の量が多いといわれています。汗をかくと亜鉛は一緒に排出されてしまいますので、夏の季節は少々多めに摂取する必要があるでしょう。

 

カルシウム

 

カルシウムは、骨を強くする作用があります。直接身長を伸ばすわけではありませんが、骨の成長はそのまま身長を伸ばすことに繋がりますので、必須栄養素だといわれているのです。

 

マグネシウム

 

カルシウムの吸収力を高める作用があるといわれています。そのため、マグネシウム単体で摂取するよりも、カルシウムと組み合わせた方が良いのです。割合としては、マグネシウム1に対してカルシウム2くらいが適量でしょう。

 

たんぱく質

 

骨や筋肉をつくる上で必須となる栄養素です。成長ホルモンの分泌量を増加させる他、結果的に身長を伸ばしてくれる栄養素でもあります。

 

この他にも、鉄分、ビタミンC、ビタミンDなどあらゆる栄養素が身長を伸ばす為に必要となります。偏ることなく、バランスに気をつけながら摂取しましょう。

 

身長を伸ばすために必要な良質な睡眠

 

身長を伸ばす為には、3つの大切なポイントがあります。睡眠時間の確保、栄養補給、運動の3つです。この中でも一番大切なものは、睡眠だといって良いでしょう。ただ単に睡眠時間を確保すれば良いわけではなく、質の高い睡眠時間を取ることがとても大切なのです。

 

なぜ、そこまで睡眠時間がとても大切なのでしょうか。それは、質の高い睡眠がなければ、成長ホルモンが十分に分泌されないからです。

 

日本では、古くから寝る子は育つといわれてきました。遺伝的な要素が関係して、十分に身長が伸びないということは確かにあります。しかし、近年はネット社会となり、成長期であるにもかかわらず睡眠時間が短い若年者が増えてしまいました。

 

これでは、体が一番成長する時期に身長が伸びるわけがありません。また、成人を超えた大人も同じで、仕事が忙しく睡眠時間が十分に取れない人は多いといわれています。

 

また、睡眠時間を確保できたとしても、質が伴わなければ意味がありません。ようするに、眠りが浅いと成長ホルモンはあまり分泌されないのです。睡眠時間と質の向上のどちらを優先すれば良いかというと、まずは質を高めることが最優先でしょう。

 

例えば、布団に入る前に入浴し、ストレッチをしてから眠るようにしたり、寝る前のスマホやPCなどの液晶を見る癖は止めるようにするだけでも、睡眠の質を高めることは可能です。

 

それから、眠る2時間程度前には食事を済ませておくことも、睡眠に質を高めるためには必須とされています。体質によって適切な睡眠時間は異なりますので、質を高めつつ調整するようにしましょう。

 

夜更かし、夜食は成長ホルモン分泌の妨げになる

 

身長を伸ばすためには、成長ホルモンの分泌が欠かせません。この成長ホルモンの分泌を妨げてしまう要因として、夜更かし、夜食が挙げられます。もう少々詳しく解説していくことにしましょう。

 

まず夜更かしですが、眠りが浅いと成長ホルモンの分泌量は少なくなってしまうことが分かっています。成長期はもちろんのこと、成人であっても健康を維持する上で成長ホルモンの分泌は必須です。

 

成長ホルモンは、生命を維持する上で必要となるホルモンだからです。情緒の安定、臓器の健康維持など、成長ホルモンが影響を与えている箇所は多数存在します。

 

睡眠時間を確保し、睡眠の質が高ければ夜更かししても関係ないと指摘する専門家も存在しますが、分泌量の多さという観点で言うと、夜の時間帯の方が成長ホルモンが分泌されやすいのです。そのため、夜更かしは成長ホルモンの分泌を妨げるといっても過言ではありません。

 

次に夜食についてですが、寝る前に食べ物を食べてしまうと、必然的に血糖値が上昇します。血糖値が高くなると、成長ホルモンの分泌を妨げてしまいますので、眠る2時間から3時間前から食べ物を口にしない方が良いのです。

 

どうしてもお腹が空いてしまったときは、良質なたんぱく質を摂取するようにしましょう。豆腐、牛乳、チーズ、卵などは血糖値が上がりにくい食品ですので、少量であれば支障はありません。

 

できれば、何も食べないことに越したことはありませんが、たんぱく質は成長ホルモンの分泌量増加に影響を与える栄養素ですので、身長を伸ばしたいのであれば、たんぱく質以外の栄養素は避けた方が無難です。

更新履歴